バスルームと脱衣所の生活感を消してオシャレ感アップ!のための方法

バスルームと脱衣所の生活感を消してオシャレ感アップ!のための方法


バスルームや脱衣所は、どうしても生活感が出やすい箇所でもあります。洗濯物やバスタオル、靴下など置きっぱなしになっている方もおられるかもしれません・・・。
いくらリビングやキッチンなどお洒落にしていても、ちらっと見えたバスルームが生活感たっぷりなんてことになれば、せっかくの雰囲気も台無しですよね。そこでここでは、バスルームと脱衣所の生活感を消してオシャレ感を高めるための方法について、チェックしていきたいと思います。

まずは生活感を消すところから・・・

まずはじめたいのが、”生活感を消す”ということです。特に脱衣所(洗面スペース)は、歯磨きセットはもちろんのこと、コップやタオル、美容液、洗剤などなど、日常よく使用するものがたくさんある場所でもありますよね。
よく使用するものばかりであるだけに、なかなか収納するということが難しいのですが、これらが全て見えている状態では、まさに生活感が丸出しになってしまいます。生活感を消すために、活用できるアイテムをご紹介していきたいと思います。

ボックス・カゴを使う

生活感を消して綺麗に収納し、オシャレ感を高めていくためには、ボックスやカゴを活用することもおすすめです。歯ブラシはもちろん、美容液・コットンなど、洗顔後にすぐに使いたいケア用品なども取り出しづらいところにあっては困りますよね。カゴやボックスを活用し、綺麗に収納してそのまま置いておくという方法なら、お洒落ですし綺麗にまとまります。ミニタオルなども丸めて縦にして入れておくとお洒落です。木のカゴなどであればワンポイントとしてドライフラワーを飾っても可愛いですし、デザイン自体も可愛いのでお洒落に見せることが可能です。
ボックスの中のものがごちゃごちゃしてしまうという場合には、収納ケースなどを活用して小分けにするようにすると、お洒落+便利な収納ボックスになります。
美容液の容器などが統一されている場合には、そのまま置いておくだけでもお洒落です。

ドライヤーも収納!

ドライヤーはコードがついているため、そのまま出しっぱなしにしておくととても目立ちますよね。ヘアピンやブラシなどもセットで使用することが多いかと思いますが、そのような小物も脱衣所がごちゃごちゃする要因の1つになってしまいます。そこで、ドライヤーを収納できるくらいの大きめのカゴに、ヘアピンやブラシを一緒に収納し、洗面下のスペースに収納してしまうという方法がおすすめです。
もちろん出しっぱなしの方が使いやすいですが、その場合にはドライヤーをかけることができる簡単な置き場所を手作りするというのもいいですよね。コードは可愛くまとめるためのグッズが販売されていますので、そういったグッズを使用すれば、そこまで邪魔になることはありません。

バスルームにもこだわりを

脱衣所の生活感を消してオシャレ感をアップさせたら、次はバスルームです。バスルームにはシャンプーやコンディショナー、ヘアパック、洗顔料、ボディスポンジなどたくさんのグッズがあると思います。
ごちゃごちゃして見えてしまう理由の1つに、統一感がないという点が挙げられます。バスルームのシャンプーやコンディショナーの容器、購入したブランドのものをそのまま使用していませんか?もちろんそれもいいのですが、どうせならもっと可愛い自分好みのボトルで揃えてしまうという方法がおすすめです。
中身が見えるタイプと見えないタイプがあり、デザインにも様々なものがありますので、それらを統一するだけでもバスルームのオシャレ感がアップします。また、ウォールステッカーなどをはりつけておしゃれにするのもいいですよね。好みのデザインのものを貼り付けて、季節ごとに変えるというのもおしゃれです。

おわりに

バスルームや脱衣所が可愛くなると、自分磨きも楽しくなります。毎日利用するスペースですし、女性の方はとくに美容に大きく関係のある場所でもありますよね。上手に収納することでオシャレ感をアップさせて、毎日の気分も高めていきましょう。

参考リンク

賃貸でもあきらめないで。好きを飾れるかんたん棚作り具体例 – Ameba News [アメーバニュース]