何かと使うものが多いキッチンのための収納ポイント

何かと使うものが多いキッチンのための収納ポイント


キッチンの収納、一体どうすればスッキリするのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。
鍋や菜箸、フライ返しなど様々なものを収納する必要があるため、どうしてもごちゃごちゃしがちですよね。しっかり収納したつもりが、とても使いづらくなってしまったりすることもあると思います。
そこでここでは、キッチンの収納についての3つのポイントをご紹介していきたいと思います。

ポイント1.S字フックを活用する

まずはじめに、「S字フック」を活用するというポイントについてご説明していきたいと思います。吸盤付きのタオルかけとS字フックを購入するだけで、簡単に収納スペースを作り出すことができます。
例えば、キッチンの手が届きやすい壁にタオルかけを取り付けてS字フックを引っ掛ければ、おたまやゴムベラ、フライ返しなどをかけておくことができますよね。お洒落な調理器具で統一している場合には、普通に収納するよりもあえてこのように見せた方がおしゃれに見えることもあります。
釘をうちつけることなく設置できる吸盤のタオルかけは便利ですが、あまり重いものはかけられません。そのため、お鍋などを同じ方法で収納したいという方の場合、釘をうちつけて固定するタイプのタオルかけなどを使用してくださいね。賃貸に住んでいる方の場合には、壁を傷つけない吸盤タイプがおすすめです!

ポイント2.突っ張り棒を活用する

突っ張り棒を使用することで、ガスコンロの上などの無駄なスペースにお鍋を収納するスペースを作り出すことができます。さらに、突っ張り棒を並行に横に2本設置するだけで、その上にお鍋をおいたり、板を置くことでさらに小さいものも収納できるようになります。
縦の空間が勿体無いと感じたら、突っ張り棒を活用することはとてもおすすめです。S字フックもかけられるので、フキンなども吊り下げておくことができますよね。(フキンを吊り下げる場合、火の気から離れた場所に設置してくださいね)
シンク下にある収納スペースにも、突っ張り棒を使用することでフライパンなどを綺麗に収納することができます。フライパンやお鍋を積み重ねて収納する方が多いと思いますが、吊り下げることで取り出しやすく、使い勝手も良くなります。
また、突っ張り棒を上手に活用すれば、収納スペースを2段にすることもできます。マスキングテープを巻いてデザインを統一することもできるので、とても便利なグッズです。

ポイント3.収納ケースを活用する

キッチンに取り付けられている引き出し、そのまま菜箸やおたまをグチャーっと並べていませんか?おたまならおたま、フライ返しならフライ返し、スプーン、お箸、フォークなどのように、場所を分けて収納しておくと見た目もスッキリします。
分けて収納するために便利なのが、「収納ケース」です。文房具などを分けて収納するために販売されているものなどを簡単に活用することができます。
お洒落にしたいのであれば自分好みのマスキングテープなどで装飾しても素敵で、ナチュラルに半透明のケースをそのまま使用するというのもいいですよね。
フライ返しやおたま、細かくてバラバラになってしまうようなお箸、スプーンなどの食器も、全て収納ケースで分けて収納することで綺麗に収まります。
収納ケースといえば、調味料入れなどもお洒落なものがたくさん販売されていますので、お醤油やお砂糖など購入したらすぐに詰め替え、見える場所に置くというのもおしゃれですよね。
デザインが優れているものは、あえて見せることでおしゃれな収納になるので、試してみてください。

おわりに

キッチンでは使うものがとても多いので、どうしてもぐちゃぐちゃとまとまらないものですよね。散らかしているつもりはなくても、パっと見た時になんだか汚い・・・と感じることもあるかと思います。
簡単に安く入手できるものでキッチンまわりのものを綺麗に収納していくことができますので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

参考リンク

毎日使う場所だからこそ!プロが教えるキッチン収納基本の「き」 – エキサイトニュース
尼崎で「整理収納」講座 片付けのプロがキッチン収納アドバイス – 尼崎経済新聞