賃貸でもできる和室のためのアレンジポイント

賃貸でもできる和室のためのアレンジポイント


”賃貸=洋室”というイメージがある方もおられるかもしれませんが、和室がついている賃貸住宅も多くありますよね。

和室を何目的で使用するのかにもよりますが、和室も他の部屋と同様アレンジして使用したいという方もおられると思います。

ですが、賃貸の場合にはあまり好き勝手ができずに、自由にアレンジしていくことが難しい場合も・・・
そこで、賃貸でもできる和室のためのアレンジポイントについて、チェックしていきたいと思います。

和室にソファを置いてみる

和室に置くものと言われて思い浮かぶものと言えば・・・

  • 座布団
  • 布団
  • 掛け軸
  • 仏壇
  • お茶セット

など、当然ながら日本に古くからある「和」のものをイメージしがちだと思います。
むしろ、和室なのだからそれが当たり前でもありますよね。

ですが、和室をアレンジしていく上では、和ではなく洋物を置いてみることでお洒落に生まれ変わることができるのです。

例えば、ソファです。
ソファなら何でもいいというわけではありません。畳に対して真っ黒の皮のソファはさすがに合いませんよね。ですが、フレームが木でできている抹茶色のソファや、フレームが木目調で白色のソファなどであればどうでしょうか。和室に取り入れてもあまり浮かずに、お洒落な空間を演出することができますよね。
ただ、重いものを畳の上に置く際には、畳が傷つかないように板をはさんでおく必要がありますので、その点だけ注意してくださいね。

複数の照明を設置してみる

和室といえば天井に1つだけ照明があるというイメージではないでしょうか。和室に限らず、全ての部屋に照明は1つずつしかないという方も多いと思います。ですが、おしゃれにアレンジしていくのであれば、和室にも照明を複数設置してみることをおすすめします。天井の照明は全般照明となりますので、部分照明になるものを複数取り入れます。
例えば、和紙で作られているような丸や四角のスタンド照明を置くだけでも、とてもおしゃれな雰囲気を作り出すことができます。真っ白に光る電球ではなく、オレンジ系のランプにすることで、和室全体を温かい雰囲気にしてくれます。

木と和紙でできている照明はとてもお洒落ですし、昼間はインテリアとして活躍してくれるためおすすめです。
ペンダントライトなどもお洒落なものが多いので、色んなデザインのものを置いてみるのもアレンジ方法の1つです。

ウォールステッカーを活用

壁がなんだか寂しく感じたら、ウォールステッカーを貼ってみるのもお洒落です。壁紙を傷つけないタイプのものもあるので、賃貸の方の場合にはそのようなグッズを使用すれば問題ありませんよね。
ただ単に好きな柄のウォールステッカーを貼るのではなく、せっかくの和室を活かすために桜に関連するようなものを使用すると、ぐっとお洒落になります。

おわりに

和室をアレンジするというのはあまり思いつかないことかもしれません。ですが、実際に和室がおしゃれになっていくのを見るのは、とても楽しいものです。日本人だからこそ、和室のある家を選びたいという方も多い中で、ただ単に和室を仏間として使用するだけではなく、照明などにもこだわってお洒落な和室を作りたいですよね。
アレンジしていく上で、”ダメなこと”は1つもありません。自分が思うようにアレンジし、新しい発見を積み重ねていくことで、家全体を素敵に生まれ変わらせることができるのですね。

参考リンク

asahi.com(朝日新聞社):収納問題のヒント くつろぎの和室 – asahi.com × IKEA