難しいクローゼット収納。どうすれば使いこなせる?

難しいクローゼット収納。どうすれば使いこなせる?


クローゼットをあけてみてビックリ!服の山が落ちてきたという方や、とりあえず畳んで服を積み上げているだけという方もおられるのではないでしょうか。
反対に、細かく分けて収納しすぎて、一体どこに何をしまったのかわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

「クローゼットには様々なものを収納できるためとても便利だけれど、収納方法が難しく使いこなせない」という方に、どうすれば使いこなせるのか、その方法をご紹介していきたいと思います。

ボックスを活用する

収納スペースに欠かせないのが、このボックスです。ボックスと言っても、ただ単に箱型というだけではなく、サイズやお洒落なデザイン、カラーのものが豊富に販売されていますし、自分で作ることも可能です。
100円均一などでもおしゃれなボックスを購入することができます。一番上の棚にオフシーズンの洋服などを入れたフタ付きのボックスを並べておくと、とても綺麗にまとまります。
全て同じデザインのボックスで統一したり、あえてクローゼットを開けっ放しにしてインテリア感覚で収納するということも可能です。
この方法はかなり上級者向けになってしまいますが、チャレンジしてみても楽しいかもしれません。

突っ張り棒を活用する

突っ張り棒を活用することによって、収納スペースを広げていくこともできます。例えば、突っ張り棒を2本用意し、並行にとりつけるだけで、その突っ張り棒の上にはボックスやニット帽などが置けるようになります。そして、突っ張り棒自体にハンガーをかけることで、さらに収納していくことが可能になりますよね。突っ張り棒にかけるハンガーをおしゃれなもので統一すると、より綺麗に収納していくことができます。
バッグやスカーフ、ショップバックなどを収納する際にも役に立ちますので、突っ張り棒はとても便利です。100円均一でも購入できますし、長さも色々販売されていますので、好みのものでアレンジしてみてくださいね。

扉の裏も収納スペースに

クローゼットと言えば開けた部分にだけ収納するものだという固定観念があるのではないでしょうか。ですが、引いて開けるタイプの扉になっているクローゼットの場合には、その扉の裏にも収納スペースを作ることができます。
扉の裏側にバーを取り付け、S字フックなどをかけてマフラーやベルトなどあまりかさばらないものを収納するというテクニックがあります。使用するS字フックやバーの色やデザインも、お部屋と統一感をもたせることでかなりお洒落になりますよね。
マフラーやベルトなどは収納場所に困る方も多いと思いますので、このような収納場所を作るという方法はとてもおすすめです。

おわりに

ここまで収納方法についていくつかご紹介してきましたが、「クローゼットの収納って難しい!」と思っている方、少しはその考えが変わりましたでしょうか?人に見せるものではないにせよ、やはりクローゼットを上手に活用している方は羨ましいですよね。使用する収納グッズのデザインやカラーによっても、クローゼットの中の雰囲気を変えていくことができますので、まず手始めに100円均一などで色々と購入してみて試してみてはいかがでしょうか。

参考リンク

忙しい人、片付けが苦手な人のためのクローゼット・押し入れ活用術|ニフティニュース
節約上手はおしゃれも上手 クローゼット収納術を大公開:日経ウーマンオンライン【日経ウーマンの人気記事】