おしゃれな照明を選ぶ前に知っておきたいライティングのポイント

おしゃれな照明を選ぶ前に知っておきたいライティングのポイント


ちょっと立ち寄ったカフェや、インテリアのお店の照明に惹かれた経験はありませんか?

「あんなに素敵な照明、自分でもできれば良いんだけど・・・」と思っている方も多いのではないかと思います。お洒落な雰囲気があるものを自分で作ったり選んだり、飾ったりすることに対して、「難しそう」というイメージがある方も多く、実際にやってみるとなるとどうすればいいのか分からないこともありますよね。
そこでここでは、おしゃれな照明を選ぶ前に知っておきたい、ライティングの3つのポイントについてご紹介していきたいと思います。

ポイント1.1部屋につき1照明ではない

照明と聞くと、一般的には1部屋につき1つ、天井についているというイメージがあるかと思います。天井に大きめの照明が1つあれば、普通に生活していく上では何も問題がありませんよね。
ですが、お洒落な照明を選ぶとなると、また話が変わってきます。よく思い出してみてください。おしゃれなカフェの照明は、天井に1つでしたか?いくつもの種類の照明が使用されていたのではないでしょうか。
このように、おしゃれなライティングのポイントとして、1部屋に1照明ではなく、”1部屋に多照明”が重要になるのです。
照明は大きく分けると、「全般照明」と「部分照明」という2つの種類に分けることができます。おしゃれな照明を選ぶには、この全般照明と部分照明をいくつも組み合わせることがポイントになるのですね。

全般照明と部分照明を組み合わせることによって、光と影がバランスよく作られます。全体が明るいわけではなく、暗めの箇所もあるというその差が、おしゃれな雰囲気を作り出してくれるのですね。

ポイント2.どの範囲まで照らせるのか

そして2つ目のポイントとして、どの範囲まで照らせるのかという点もポイントになります。おしゃれな照明を選ぶ場合には、やはり気になるのはデザインではないでしょうか。
ただ単に明るくしてくれるだけではなくインテリアの一部となるため、デザイン性の高いものを選びたいという方も多いと思います。
照明は、デザインによってどの範囲まで照らせるのかが異なります。下向きの光が主となっているデザインのものから、照明の上部分まで360度照らすことができるようなものもあります。デザインごとにどの程度の範囲を照らすことができるのかを確認することで、おしゃれな照明を選ぶ際に幅が広がりますよね。
この範囲を把握していれば、インテリアとして活躍してもらいつつ、効果的に光と影を作り出せるような、そんな照明を選ぶことができます。

ポイント3.ランプの色

最後に、ランプの色も大切なポイントです。コンビニのような真っ白の光は蛍光ランプですが、おしゃれなカフェのようなオレンジがかった暖色系は白熱ランプです。このランプの色によってもおしゃれな雰囲気が変わってくるので、しっかりチェックしましょう。
例えば、オレンジ系の温かい色合いのランプはホッと落ち着くような雰囲気になり、真っ白なコンビニのようなランプの色はシャキっと気持ちを引き締めてくれます。
リラックスしたい部屋なのか、気持ちを引き締めて活動したい部屋なのか等、部屋の使用目的などによってもランプの色の選び方を変えてみましょう。

おわりに

ここまで、おしゃれな照明を選ぶ前に知っておきたい3つのポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?

  • 全般照明と部分照明を組み合わせる
  • デザインによって照らせる範囲の違いをチェック
  • ランプの色をチェック

この3つのポイントをしっかり頭に入れておけば、選ぶ際やインテリアを考える際に役立ちます。同時に、どのような部屋にしたくて、どのような使用目的なのか等を考えて選ぶことも大切になります。
自分のお気に入りの空間にするためにも、たくさんの照明をバランスよく取り入れてみてくださいね。

参考リンク

住まいの照明設計 – 建築空間照明計画研究会 – Google ブックス